スクリーンの役割

2020/7/20

パーテーションとは、主にひとつの部屋を2つ以上のスペースに区切るためのものです。
日本では昔から「間仕切り」や「衝立」などとも呼ばれていました。英語ではpartition。「パーティション」とも呼ばれています。

 パーテーションは、部屋の区切り方を簡単に変えられるのが特徴でそのときの都合に合わせて、柔軟なレイアウトができるから便利です。

オフィスでは打ち合わせスペースや専用ブースを用意したい場合に多く用いられ個人住宅では将来子どもが成長した際、部屋を分けるためなどに多く活用されています。大きな空間を保ちながら、それぞれのプライバシーを守るのに役立っています。


そんなパーテーション をエレガントウッドでは、主に『スクリーンパネル』と呼んでいます。不燃(ケイ酸カルシウム板)やMDFを様々な柄にくり抜き製作しています。
ご希望の柄、使用箇所や用途により、強度やサイズなどを検討しご提案しております。

embed asset

建築ではどの様に使用されているか過去の事例写真を元にご紹介していきます。

・天井からの下がり壁光が柔らかくもれ空間に意匠性をもたらします。
・店舗壁、エスカレーター横の目隠しその店舗の印象づけに役立ったり外からの視線をカットする役割があります。
・鏡に貼り合わせ一種のアート壁として見せることが可能です。

「仕切る」「隠す」「飾る」。さまざまな役割を持つのがスクリーンの魅力です。スペースを間仕切るだけでなく、見られたくないモノを隠したり、インテリアや装飾の一環として使えます。
またスクリーンはその先の空間、置いてあるものなどが目に入ることで見た人の興味を引くことも可能です。

その先に見えるもの、何をどのように見せたいか、そのような演出も可能にするスクリーン。今後も様々な用途で活躍していくであろう製品だと思っています。

embed asset
embed asset
embed asset
embed asset
embed asset
embed asset