RAGWEDGE ラグウェッジ


 

RAGWEDGE

ラグウェッジ


職人の手仕事を再現

 

   

手彫りの風合い

職人が大工道具の「釿(ちょうな)」で加工したような風合いを演出したデザインのラグウェッジ。「名栗(なぐり)」は日本古来の加工技術になり、数寄屋建築では欠かせない存在で丸太や柱に用いられておりました。ジャパニーズモダンを思わせるシンプルで力強いデザインは、空間デザインを選ばずにどんなシチュエーションでも演出ができます。伝統的な柄を現代の技術で再現することによって、広い面でも対応が可能となりました。


不規則の凹凸のジョイント

まるで手彫りのように加工された凹凸は規則性がなく、全てランダムに構成しています。ラグウェッジシリーズでは、製品すべて不規則な凹凸がパネルのジョイントで凹凸が合うように設計しているので、カットをせず施工を行う際は、そのままジョイントがつながり意匠性も非常に高く仕上げることが可能です。


 

使い方の提案

新たな発見と、広がる想像の世界への扉をご用意しました。

さらに詳しく